1997-2006用,車、バイク、自転車 , バイク , その他バイクパーツ、アクセサリー用品,ヤマハバンシーYFZ350,www.theexperiencepassport.co.uk,イグニッション,安定性,プラスチック,オートバイ,1725円,オートバイ点火用,/ailuro670146.html 1997-2006用,車、バイク、自転車 , バイク , その他バイクパーツ、アクセサリー用品,ヤマハバンシーYFZ350,www.theexperiencepassport.co.uk,イグニッション,安定性,プラスチック,オートバイ,1725円,オートバイ点火用,/ailuro670146.html 1725円 イグニッション 安定性 ヤマハバンシーYFZ350 1997-2006用 オートバイ点火用 オートバイ プラスチック 車、バイク、自転車 バイク その他バイクパーツ、アクセサリー用品 1725円 イグニッション 安定性 ヤマハバンシーYFZ350 1997-2006用 オートバイ点火用 オートバイ プラスチック 車、バイク、自転車 バイク その他バイクパーツ、アクセサリー用品 イグニッション 安定性 ヤマハバンシーYFZ350 1997-2006用 プラスチック オートバイ オートバイ点火用 ふるさと納税 イグニッション 安定性 ヤマハバンシーYFZ350 1997-2006用 プラスチック オートバイ オートバイ点火用 ふるさと納税

イグニッション 安定性 買収 ヤマハバンシーYFZ350 1997-2006用 プラスチック オートバイ オートバイ点火用 ふるさと納税

イグニッション 安定性 ヤマハバンシーYFZ350 1997-2006用 オートバイ点火用 オートバイ プラスチック

1725円

イグニッション 安定性 ヤマハバンシーYFZ350 1997-2006用 オートバイ点火用 オートバイ プラスチック

説明:
高性能CDIイグニッションユニットユニークなデザイン、魅力的な外観、防水、耐震、安定性と耐久性。 着火エネルギー強度、強力な加速。 直接交換、簡単にインストールできます。 フィーメント:YAMAHA BANSHEE YFZ350 1997-2006
仕様:
材質:プラスチックカラー:ブラックサイズ(L×W×H):98×87×25mm / 3.9×3.4×1インチワイヤー長さ: 175〜200mm / 6.9〜7.9インチ
パッケージに含まれるもの:
1ピースCDIボックス......

イグニッション 安定性 ヤマハバンシーYFZ350 1997-2006用 オートバイ点火用 オートバイ プラスチック

「生きべくんば民衆とともに,死すべくんば民衆のために」

MENU

神戸国際支縁機構とは?

What is the Kobe International Sustaining Organization? 

 東北ボランティア,熊本球磨川千葉県布良(めら),佐賀県武雄北海道厚真(あつま)町,岡山県真備(まび),広島県小屋浦,呉市市原,愛媛県肱川(ひじかわ),福岡県松末(ますえ),熊本県益城(ましき),鬼怒川丹波水害熱海など,および海外ボランティア,炊き出しは常時募集しています。「スケジュール」をご覧ください。 ⇒ スケジュール  

被災でお困りの方,炊き出し,がれき撤去,ドロ出し,畳替えは下記に 休日なし 年中24時間
携帯 070-5045-7127(岩村義雄理事長) 
   080-3101-1151(村上裕隆代表)  
   090-3706-2315(本田寿久事務局長)
事務局:山本智也(耕支縁),大島健二郎(熊本),松本真祐,本田博之,水谷弥生(会計),櫻井由里子,土手ゆき子(発送),佐々木美和(国際),徳留由美(国際),堀 浩一(炊き出し),田村晋作(I.C.S.),忠内 一由, 宮田佳典(丹波),三好直美(国際),影近有紀,大河戸章代(事務局),野田健二。 
ボランティア希望者は:〒655-0049 神戸市
垂水区狩口台5-1-101 
          Tel : (078) 782-9697 Fax: (078) 784-2939
          E-mail: kiso@mbe.nifty.com 
  スケジュール  http://kisokobe.sub.jp/calendar/

『熊本日日新聞』(2021年11月13日)。



『河北新報』(2021年9月25日付)。

『石巻かほく』(2021年6月2日付)

『人吉新聞』(2021年6月26日付)。

『毎日新聞』(2021年3月5日付)。

『人吉新聞』(2021年3月17日付)。

『キリスト新聞』(2021年7月21日付)。第二面に続く

『キリスト新聞』(2020年7月11日付)。

『AIC』ニューズレター(ローマ・カトリック教会 2020年11月18日付)。

      8bb2d4b46b9751403b1eedad6868d0fc

『Kiss FM KOBE』(2021年8月7日)
『Kiss FM KOBE』(2021年8月14日)


FMわいわい(2020年12月5日放送)

“Our delightedness brought from worries” from “Chugai Nippo”(Oct. 23, 2020)

Yoshio Iwamura   Volunteer activities in Ishinomaki City

Director of Kobe International Sustaining Organization
Pastor of Kobe International Christ Church

It’s a scene just after the big tsunami that had happened almost 10 years ago. I saw many cars stuck vertically in the rice fields. The car is a symbol of convenience. Miyagi Prefecture supports the large consumption city Tokyo as the major rice-producing prefecture. The paddy fields were moaning in sludge and debris brought by the black tsunami. During the time of escaping from the tsunami, it was dangerous to use the car since all of the cars were congested and clocked the roads. Highways were destructed and twisted, airports lost their functions because of the tsunami, and fishing ports where were the center place of fisheries were completely destroyed.

Our visit to Ishinomaki City Miyagi Prefecture through 15 hours of driving from Kobe by saying “We will come again” to local people reached 112 times. What made us do so? Our actions didn’t come from the act of an evangelist. Our sensitivities were directly linked to our actions. In the past, there is a history that rice cultivation in severe cold regions cruelly made Tohoku people suffering. People went away from home to work in the city and daughters had been sold even after the war. 

In the 1950s, there were no farming machines, small pickup trucks, or chemical fertilizers for Tohoku farmers. The peasants were at the mercy of the national policy “tanshyu (反収: the rice yield per 10 areas)” that was driven by the government. Volunteers from Kobe have begun to struggle with the soil covered by the tsunami mud. We were also in a blind effort like pioneers to the salty rice fields. We only had an innocent spirit of being with local people. We didn’t have any skills. It was probably a reckless action. It is a problem if stink bugs appear because of pesticide-free and organic farming style. And we felt cold looks, “You all from the city can’t bear the severe nature”.

I felt pain in my intestine duodenum for a few days before we leave from Kobe because of my “anxiety”. I could not sleep. We purchased rice seedlings that do not contain neonicotinoid-based pesticides from Osaki City. We also started to receive supports from Yasuda Shigeru, Professor Emeritus of Kobe University, and also local farmers. Young people heard about our activities and began to participate in one after another from all over Japan. My wife, Kayoko, took care of the management of contacts between participants. And she encouraged me with her prayers.

We listen to our creator’s voice, “Sow to yourselves in righteousness, reap in mercy; break up your fallow ground”. Since I am an unpaid pastor, so I kept giving hard times to my wife. Unlike in the past, not humans but the earth became the other party to us. Kayoko handed us her hand-made meal boxes and sent out the participants with her smiles while waving her hands. We were just worried about undiscovered tasks. We began to take our steps like a baby. Never give up even if we stumbled and made scars on our foreheads, and just keep going.

In September, we experienced with children, who will be responsible for the next generation, that our ninth rice harvest in Ishinomaki City where is the place of agriculture, forestry, and fishing. We were delighted to work together with the locals.

 

マスクを海外の貧しい孤児,戦争や被災により夫をなくした独身女性,高齢の独居者に

 海外の神戸国際支縁機構の9つの支部から医療品などなかなか地方の集落には届かないので,自分たちがボランティアをして地域の貧者に届けたいとの願いが寄せられています。

 みなさまのご協力をお願いします。 ⇒ 手作りマスク支縁
 国際部 携帯 080-4267-4820 (佐々木美和) 〒655-0049 神戸市垂水区狩口台5-1-101      m.kuro-neko@hotmail.com

『神戸新聞』(2020年8月18日)。



『毎日新聞』大阪版(2020年6月16日付)。

We are always looking for volunteers at Tohoku, the North part of Kyushu Mashiki in Kumamoto and Masue in Fukuoka, Mabi in Okayama, Koyaura, Kure in Hiroshima, Hijikawa in Ehime, Atsuma in Hokkaido, Saga, and overseas.
Please chose to apply for food distribution work, agricultural support activities (non-pesticide, organic farming at Nishi-Ku, Kobe City), or listening volunteers.

 被災地へすぐに赴く若者たち

Click the reversed blue character Description or Video

Young people who go to the affected areas immediately.

『神戸新聞』(2020年7月18日)。

『神戸新聞』(2020年3月11日付)。

  
Leaflet of “Kobe International Sustaining Organization”[/caption]

 [旧称   神戸国際支機構 Kobe International Supporting Organization] ⇒ Kobe International Sustaining Organization   

 神戸国際支機構(KISO)は,2001[平成13]年10月20日に,主幹1名,事務局長1名を選出し,事務局を 神戸市垂水区狩口台5-1-101 に置くことを決定しました。

[Former name: Kobe International Supporting Organization]
The Kobe International Sustaining Organization (KISO) was established on October 20, 2001, and we elected one chief secretary-general and one executive director. We decided to place the main office at 1-101 Kariguchi-dai 5-chome, Tarumi,  Kobe,  Japan  655-0049.

 2017年4月,機構の理事長兼会長に岩村義雄,代表は村上裕隆,事務局長に本田寿久を選出。原則として1ケ月に一度の理事会を開催し,現在に至っています。
 一般社団法人として登録成立年月日は2011年9月13日。

In April 2017, Yoshio Iwamura became the Director & Chairman, and Hirotaka Murakami was elected as the representative, and Toshihisa Honda was elected as the secretary-general of the organization. In our principle, we hold regular director meetings once a month and it still continues until now.
Registered as a general incorporated association on September 13, 2011.

 正式名称は「神戸国際支機構」です。英語名は従来通り,Kobe International Sustaining Organization。 略称は KISO。
e-mailは kiso@mbe.nifty.com   
     ライン(Line)はやっていません。

The official name is the “Kobe International Sustaining Organization”. (KISO)
Email: kiso@mbe.nifty.com
  We don’t use LINE.

(社)神戸国際支縁機構 石巻支所
住 所 : 〒986-2121 宮城県石巻市渡波町3-5-37
所 長 : 阿部捷一支所長逝去のため,阿部とよ子夫人が代行
電 話 : (0225) 24-3107

熊本支部 
住 所 : 〒862-0939 熊本市東区長嶺南4-4-27 ウイングアイ303
大島健二郎 

Kobe International Sustaining Organization Ishinomaki Branch

Address: 5-37 Watanoha 3-chome, Ishinomaki, Miyagi Prefecture  986-2121
Chief : Toyoko Abe (Reliefer) 
Phone : (0225) 24-3107

Kumamoto Branch
Address: Wing-I 303, 4-27 Nagamineminami 4-chome, Higashi-ku, Kumamoto City 862-0939
Kenjiro Oshima

『ワ』(2020年1月4日付) 孤児のホーム開所式 2020年1月3日。

『ラダー スルテン紙』(2019年9月14日付) 「カヨコ・チルドレン・ホーム」開所式 2019年9月12日

『ラダー スルテン紙』(2019年5月10日付)。

『キリスト新聞』(2018年10月1日付)

『読売新聞』(2017年8月28日付)  “Yomiuri Shimbun” (August 28, 2017)

 2011年3月11日午後2時46分に,東日本大震災が発生しました。3日後,被災地における生活困窮者,被害者の支援を目的とするボランティア活動をするように準備をはじました。16日からマスコミなどを通して,物資を募りました。3月20日に仙台,石巻市に向かい,現地の方々と共に生きる機会が芽生えました。
 そこで,団体の名称を,「神戸国際支援機構」の「支援」を「支縁」に変更することにしました。
「縁」relationship もゆかりもない東北に出かけて,痛み,つらさ,悲しみを共有した時に,家族のような「絆」bond ができました。ボランティアはつなぎ目の働きでしょう。
 「人は“縁”という糸で,誰かと結ばれています。深い。浅い。近い。遠い。縁もいろいろですが,困ったときは人の縁に感謝します。……ほころび,途切れた社会の縁を何とか結び直さねばなりません。……縁を支える別の糸が要るのかもしれません。いろんな糸をよりあわせれば強くしなやかな縁になります。震災を経験した私たちはそのことを痛感しているのではありませんか。」(神戸新聞「正平調」改 2012年3月28日付)。

On March 11, 2011, the Tohoku earthquake and tsunami occurred. Three days later, we started preparing volunteer activities to support the poor and victims in the affected area. We started to ask for materials and goods through mass media from 16th. On March 20, we headed to Sendai and Ishinomaki City, and the opportunity to live together with local people was born.

Therefore, we decided to change the word in our organization name, from “supporting” to “sustaining”.

We went out to Tohoku, where there was no relationship before, and when we shared their pain and sorrows, we could establish the “bond” like a family. Volunteer work is just like a connection of bond.

“People are connected with someone by a string of ‘En (relationship)’. Deep, shallow, close, far. There are many ‘En’, but when you are in trouble, you appreciate ‘En’ with other people. Frayed and broken ‘En’ of society should manage to re-tie it. It may need other strings to support ‘En’. When various types of string came together, ‘En’ becomes stronger and flexible. Don’t we realize it as who experienced the earthquake disasters, do we?” (Kobe Shimbun. “Seiheicho”. March 28, 2012)

  3.11以降,ほぼ毎月,ボランティアで被災地に向かっています。すでに100回を超えています。フェイスブックを2015年11月6日から。

Since 3.11, we visit the affected area to do volunteers almost every month. Our visit has already become more than 100 times.
Started FACEBOOK on November 6, 2015.

  しあわせ運べるように  To be able to deliver happiness

 詳細はスケジュールボランティア募集ボランティア道などをご参照なさってください。
Please refer to details through the schedule, volunteer recruitment, and Volunteer-Do.

レーシングバケットシート GTX100 FRP ブラック JURANロゴ

宮城県石巻市門脇町 2016年12月23日撮影 Current Ishinomaki City, Miyagi Prefecture.

今の宮城県石巻市 被災地を見よ
Look at the affected area.

混沌の時代 21世紀の親鸞,法然が現れよ

The era of chaos.
Appear Sinran and Honen of the 21st century

 

 
    Ⓒ石巻市渡波 2011年3月21日(月)午後4時12分 SONY Cyber-shot DSC-TX1 撮影 岩村義雄 20110321 ④ Downtown b008c2 Tanigawa Watanoha, Ishinomaki City. 4:12 pm, March 21, 2011 (Monday) SONY Cyber-shot DSC-TX1 Photo by Iwamura

Q: 会が発足したきっかけは何ですか
A: 2001年10月7日,米国ニューヨーク市の同時多発テロの報復として,「対テロ戦争」という名目でアフガニスタンに空爆を開始。アメリカは当初,攻撃目標は軍事目標に限定していると発表していましたが,誤爆などで住宅や民間施設も被害にあいました。その結果,多くの人命が失われました。戦争から逃れるために多くの難民が発生することになり,何かできることがないだろうかという感性に基づいて情報収集,セミナー,支援活動を始めていくことになりました。戦争,震災などで傷ついた人々と共生,共苦,苦縁のために小さな働きを始めました。


 2001年9月11日 アメリカ同時多発テロ

 機構は政治団体でも利益団体でも職業団体でもありません。他者のために生き,共に苦しみ,悲しみを入れる器,共に分かち合います。
 日本は国際的に難民を受け入れることを明言しています。自国で政治的,思想的な立場が認められず,身に危険が及ぶために,日本に安全を求めて,国を棄て脱出する場合があります。しかし,日本の対応は,難民申請をほとんど受理しません。法務省の収容センターにすぐに収監してしまいます。人権,自由が奪われています。強制送還をしますと,本国で粛正されてしまってもおかまいなしに,送り返してしまうのです。国連が認めている難民申請者でも日本は拒否します。
 日本は1981年に難民条約に加入。日本への難民申請が3年間で23487人に及びます。世界には薬6500万人の保護が必要な方がいます。113人にひとりは難民であり,増え続けています。日本の法務省が認めた難民の数は3年間でわずか66人です。難民は密入国者や,移民とは異なります。日本では難民申請者が10,901人ですが,認定数は28人にすぎません「平成27年における難民認定者数について」(法務省 2017年2月10日 速報値)。
 国内3ヶ所の収容センターは現代のアウシュビッツのように,ひどい待遇です。自殺者,発狂する人まで続出しています。
 したがって,日本が他国から逃れてくる人々に対する配慮,人間として当然なすべき人道上の処遇をするようになるまで,移住連全国フォーラムに参加し,「私たちがつくる多民族・多文化共生社会」を目指します。

  難民鎖国 STOP!

Q: What was the purpose to establish the organization?
A:
On October 7, 2001, as retaliation for simultaneous terrorist attacks in New York City in the United States, the US started air striking in Afghanistan under the name of “war against terror”. In the beginning, the US announced that the target of the attack was limited to military objects. However, civilian houses and private facilities were also damaged due to the errant bomb attacks. As a result, so many lives have been lost. Many refugees were born to escape from war, and we started to collect information, operate seminars, and supporting activities based on the feeling that there is something we can do. We started our small action to do “Co-existence, Share sufferings, Ku-en (connection born from sharing sufferings)” with the people who got hurt by wars and disasters.

The September 11 attacks. September 11, 2001.

The organization is neither a political group nor a profit group nor a professional group. We live for others, suffer together, and share a bowl of sorrow.

Japan has declared internationally that receive refugees. There are cases that people escape from their own country to Japan for seeking security because their lives in danger due to the political and ideological position in their own country are not accepted. However, Japan’s response does not accept most refugee applications. Immediately, people are caught and imposed in the detention center of the Ministry of Justice. Their human rights and freedom are deprived. If people are forcibly repatriated, they will be punished in their home, but Japan doesn’t think about it and act forcible repatriation. Japan refuses even refugee applicants that the UN recognizes.

Japan joined the Convention Relating to the Status of Refugees in 1981. There are 23,487 refugee applications to Japan in three years. There are 65 million people who need protection in the world. One in 113 people is a refugee and it continues to increase. The number of refugees that are recognized by the Ministry of Justice in Japan is only 66 people in three years. Refugees are different from illegal immigrants and immigrants.

There are 10,901 refugee applicants in Japan, but the number of accreditation is only 28 people. “About the number of refugee accreditations in 2015” (Preliminary report data on February 10, 2017. Ministry of Justice)

The current three accommodation centers in Japan are in terrible condition and it just like modern Auschwitz. People who commit suicides or lost their minds are increasing.

Therefore, until Japan becomes to consider escaping people from other countries and give humanitarian acts that should be done as human beings, we continue to participate in the Forum of Solidarity Network with Migrants Japan and seek “Multinational and multicultural coexistence society that we make”.

Stop a closed-door policy for refugees!

Q : 東日本大震災前までまでどんなイベントをしましたか
A : 「足元からの難民支援」講座,ミャンマーの難民申請者を支援するための研究会を発足。神戸市垂水区で,はじめてイラク展を開催。イラクの民衆の生活などをパネル展示,手づくりの絵本展示,現地の状況を報告。2005年,日野原重明氏の「震災10年 ・みんなで考える命の尊さ」,2006年,前日本銀行総裁の速水優氏による「明日の日本を考える」集会を開催。神戸文化ホールで「マザー・テレサ」映画を上映。2009年,カナダから11名の教育関係者を招き,神戸カナダ教育文化交流事業学校訪問を主催。
 2011年まで兵庫県,兵庫県教育委員会,神戸市,神戸市教育委員会,NHK神戸放送局,朝日新聞社,毎日新聞社,読売新聞社,産経新聞社,神戸新聞社,サンテレビ,ラジオ関西,日本聖書協会などが後援してくださいました。

Q: What kind of events had we done before the Tohoku earthquake and tsunami?
A: We established the study group to support the refugee applicant of Myanmar and also conducted the lecture of “Support for refugees from the bottom”. We held the first Iraq exhibition in Tarumizu, Kobe City. We exhibited a panel of lives of Iraqi people and handmade picture books and reported about the real situation on the ground. In 2005, we organized “The tenth years of the Earthquake. Think about the importance of lives together” by Mr. Shigeaki Hinohara, and “Think about the future of Japan” by the former president of Bank of Japan, Masaru Hayami. We screened the film “Mother Teresa” at the Kobe Cultural Hall. In 2009, we invited 11 educational officials from Canada and conducted the Kobe-Canada educational exchange program to visit schools.
We have been sponsored by Hyogo Prefecture, Hyogo Educational Committee, Kobe City, Kobe Educational Committee, NHK Kobe Branch, Asahi Shimbun, Mainichi Shimbun, Yomiuri Shimbun, Sankei Shimbun, Kobe Shimbun, Sun TV, Radio Kansai, and Japan Bible Society and others until 2011.

Q:どんな活動をしていますか
A:
 2011年3月11日午後2時46分,東日本大震災が発生。3日後,ボランティア準備。宮城県石巻市渡波(わたのは)の人々との共生を通じて(社)神戸国際支縁機構が2011年9月に発足。支援から「支縁」に変更。
 貪欲な富を追い求めることによって忘れられた自然生態の回復のため,農・林・漁,沿道整備,傾聴ボランティアを毎月継続。宮城県だけでなく福島県岩手県丹波水害鬼怒川水害訪問熊本・大分地震,九州北部豪雨西日本豪, 佐賀水害千葉災害,また海外の自然災害のため,中国フィリッピン,バヌアツネパールベトナム,シリアインドネシア,ガーナの復旧,復興,再建に機構は赴いています。孤児のために施設を建設しています。純正部品トヨタ シエンタサイドバイザー純正品番 08162-52010 08162-52020【NSP170G NCP175G NHP170G NSPを用いて孤児たちが大人になるまで教育費を毎月3千円日本の里親が支縁します。東北ボランティアに参加した若者たちが震災で親,家,友をなくした子どもたち,犠牲者に仕えています。

 「田・山・湾の復活」という自然生態の循環にも汗を流します。
 3.11の夏から,毎月,農・林・漁ボランティア,翌年6月からまちづくりのために石巻市旧渡波で傾聴ボランティアを展開しています。
 機構は兵庫県青団連(青少年団体連絡協議会加盟団体)のひとつとして,日本の将来を担う青少年の体験活動を担うためにも用いられています。

『みんなあつまれ』(兵庫県青少年団体連絡協議会 2019年 7頁)。

 2015年,第1次バヌアツ第1次ネパール第1次ベトナムなどの訪問の際,理事長は兵庫県井戸敏三知事,久元喜造神戸市長の親書を携えて子どもたちの救援に出かけました。

Q: What kind of activities are we doing every month?
A: The Tohoku earthquake and tsunami occurred at 2:46 pm on March 11, 2011. Three days later, we started to prepare volunteer work. Through coexistence with people of Watanoha, Ishinomaki City, Miyagi Prefecture, the Kobe International Sustaining Organization (former name was the Kobe International Supporting Organization) was established in September 2011.  We changed the word “supporting” to “sustaining”.

For the recovery of natural ecology that was forgotten because of pursuing greedy wealth, we continue volunteering for agriculture, forestry, fishery, roadside improvement, and listening to people continuously every month.

We visit not only Miyagi Prefecture, but also Fukushima Prefecture, Iwate Prefecture, flood damage in Tanba, flood damage in Kinugawa River, Kumamoto-Oita earthquakeheavy rain in the north part of Kyushu, Western Japan Flood, Saga, and Chiba.

We also go for overseas natural disaster-affected areas such as China, Philippines, Vanuatu, バッテリーHTP-Q-85/115D23L 商品情報確認必須 80D23L 日産フーガ 3.5i 4WD 型式DBA-PNY50, Vietnam, Syria, TRUSCO 強力ポリエステルスリング 両端アイ形 25mmX0.5m TPSH25-05, and Ghana for their restoration, reconstruction, and resurrection. We are constructing facilities for orphans. Foster parents in Japan will support the education expenses 3,000 yen a month until the orphan becomes an adult through “★カレンダー付 【KTC】 SK37820XMREM 9.5sq. 78点工具セット マットレッド オリジナルツールセット SKX0213MREM 採用モデル”. Young volunteers, who participated in Tohoku, services victims, and children who lost their parents, homes, and friends.

We also work hard for the cycle of natural ecology that of “Resurrection of Rice Field, Mountain, and Bay”.

Since the summer of 3.11, we do agriculture, forestry, and fishery volunteers every month, and from June of the following year, we operate the listening volunteer at Watanoha, Ishinomaki City for rebuilding the town.

The organization is also working, as a member of the シューズカバー 雨具 防水 雨 メンズ レディース 男女兼用 靴カバー レイン シューズカバー ロング レインブーツ ブーツカバー 靴 通学 通勤 代引不可 (Youth group council affiliated organization), for the youth generation who are responsible for the future of Japan to have experience in activities.
During the visit of the 1st Vanuatu, the 1st Nepal, and the 1st Vietnam in 2015, our administrative director of the organization went to do relief activities for children with the letters of Mr. Toshizo Ido, Governor of Hyogo Prefecture and Hisamoto Kizo, Mayor of Kobe City.

Q : 国内では何をしてきましたか
A:
毎週,機構の東北ボランティア参加者の有志は,神戸市東遊園地[市役所隣]で炊き出しを2014年4月から開始。阪神・淡路大震災により家族,仕事,家を失った人たちと共生します。「路上で生活をしている人」(英語 Bag people《身の回りの物を紙袋に入れて持ち歩く様子から》)が生活,就労できるようにお手伝いさせていただきます。
 就労として機構が契約している神戸市西区友清の田畑で共に土を耕し,無農薬,有機により作物を栽培し,収穫したものを食べていく自産自消(じさんじしょう) 「自分で作って,自分で食べる(消費する)」を目指します。
 2012年4月23日,亀山紘宮城県石巻市長の講演会を神戸文化大ホールで開催。2015年9月16日,第2次ネパール・ボランティアに参加した大学生2名は兵庫県県民会館で報告会をしました。

Q: What do we do in Japan?
A: Since April 2014, our Tohoku volunteer participants started every week food distribution at Kobe City Higashi Amusement Park (next to the city hall). We live together with people who lost their families, works, and homes by the Great Hanshin-Awaji Earthquake. We help “people live on the street (in English ‘Bag people’, from the figure that people walking with carrying their personal belongings in paper bags) to make living and finding work.

We seek to eat food that we cultivate ourselves “自産自消 (cultivate by yourself and eat by yourself)” together while cultivating and growing organic, non-pesticide corps on the farm ground at Tomokiyo Nishi-Ku Kobe City, which the organization contracts it as the place for people to work.

On April 23, 2012, we conducted a lecture by Hiroshi Kameyama, Mayor of Ishinomaki City, Miyagi Prefecture, at the Kobe Cultural Hall. On September 16, 2015, two university students, who participated in the 2nd Nepal Volunteer, reported about their experience at the Hyogo Prefectural Hall.

Q :  毎月,どんな継続した集いがありますか
A: 
日本で一番貧しい労働者がいる釜ヶ崎と連帯する講座として本田哲郎セミナー(毎月第三金曜日午前10時)を開催。神戸新聞会館で,「『死』を考える」講座を2011年4月から依頼されました。「Let’s 農林漁」(毎月第4土午前10時)で無農薬,有機の農法を学習。食育について保田 茂講師から若者たちが学び,兵庫県神戸市西区,宮城県石巻市の田畑で実践しています。反収(たんしゅう)あたりの経済能率,効率を追い求める農業に決別を告げます。農薬,化学肥料は日本人の健康を損なうばかりか自然生態をだめにしています。「田(た)・山(やま)・湾(わん)の復活」を掲げ,里山,里海主義です。米国「Fortune誌」の調査 中小企業白書では会社の寿命は5年程度にすぎません。
 若者の就活において,就農(しゅうのう),就漁(りょう),就樵(しょう)がよりよいと判断できるように,講座,啓蒙,実践します。日本のみならず,地球が豊かな自然,資源,エネルギーを活用し,住みやすい,安心,平和な郷土にします。

Q: Do we have a regular monthly gathering?
A: We conduct the seminar by Tetsuro Honda (10 am on the third Friday of every month) as a lecture to cooperate with Kamagasaki where has the poorest workers in Japan. At the Kobe Shimbun Hall, we continue the course of “think about the ‘death’” since April 2011. Also, we study non-pesticide and organic agricultural methods at the “Let’s do agriculture, forestry, and fishery (10 am on the fourth Saturday of every month)” course. We break up the agricultural methods that pursue economic benefit and efficiency of production per field. Pesticides and chemical fertilizers destroy not only the health of the Japanese people but also the natural ecology. We rise up the “Resurrection of Rice Field, Mountain, and Bay”, and we are naturalist with local mountains and seas. According to the white paper on small and medium-sized businesses survey of the US magazine “Fortune”, the average of company life is about 5 years.

We practice lectures and enlightenment so that young people can judge that farming, fishing, and hunting are better for as work. Not only Japan, but we will also make a secure and peaceful hometown where we can live comfortably while utilizing the rich nature, natural recourses, and energy of the Earth.


Q : 会はどのように運営されていますか。
A
2011年までは,年会費などは一切徴収していませんでした。
 原則として,セミナー会費は,一律1,000円です。会費は会場費と講師謝礼に充てられています。「Let’s 農林漁」の場合,500円です。
 2011年9月13日に,法人申請が受理されました。会の財政的基盤を確立しなければ,東北ボランティアの交通費や,事務局の運営などが成り立ちません。2012年度は助成があり,兵庫県立農業高等学校などの交通費をまかなうことができました。しかし,2013年以降,つまり1年半経ちますと助成申請はやめました。若者たちが毎月,被災地へ行くことができるようにやりくりをしています。事務局の近隣の方々,垂水朝祷会,ボランティア参加者,企業,各種団体,寺社仏閣,教会,多くの有志のみなさまの維持会費によってて支えられています。 現在,維持会費によってボランティアに要する交通費年間500万円近くをまかなっています。参加費での不足を寄附で補っています。
 会員には季刊誌「支縁」を年4回お届けします。
 自然災害地に救援金を受け付けています。
 「カヨ子基金」孤児が大人になるまで,里親として教育費を毎月郵便局で自動引き落としができます。「カヨ子基金」は国内の運営費,交通費,人件費などに一切用いません。
 石巻,バヌアツ,ネパール,ベトナム,シリアなど内外で痛手を被っている子どもたちと共生し,支縁していくことができるように協力をお願いします。

 なお,東日本大震災,福岡県朝倉市杷木(はき)松末(ますえ),シリア,アフガニスタン,ハイチ,中国四川省,インドネシアなどの天災などの被害地に義援金を受け付けています。日本のみならず,引き続き,世界各地における弱者のために仕えていくことができるように,皆さまのご協力,ご指導を期待しています。  

神戸国際支縁機構のはたらきは皆さまからのご寄付に支えられ行うことができています。
LEDLENSER LEDヘッドライト 120lm レッドレンザー H3.2 500767新型対応 KE CX-5 ディーゼル車 KF 光触媒抗菌加工 KF5PKE系 1セット+トランク 日本製オーダーメイド加工 車 ■取扱以外のマットのオーダーメイドも行っております 適合車種: ラゲッジ 通常よりお時間を頂く場合がございます FF駆動 2012年2月〜2017年1月KEEFW 製作 フロアマット KE5AW《 オートバイ ヤマハバンシーYFZ350 CX-5ガソリン車 KF系 マット 短納期を可能にしました KE2FW KE2AWKE5FW 1997-2006用 全グレード対応 後期:2021年12月〜KFEP 千鳥格子柄 2〜5営業日以内になります 車用品 KF2P マツダ カー用品 オートバイ点火用 ■商品の発送は通常ご入金確認後 カーマット 前期:2017年2月〜2021年11月KF系 》 ジャンル 安定性 7095円 商品構成: トランクマット cx5 プラスチック 送料無料 商品説明をご覧になって 適合型式: イグニッション 内装パーツ mazda 当商品は車種別設計のためグレードや型式によりマットの形状が異なります 右ハンドル 4WD駆動 マット1点※100周年特別記念車には適合しません カーマット 発送を一括で管理する生産システムを確立し マットの適合に関しまして 長期休業や連休明けは注文が重なり : お気軽にお問い合せください お客様の車種に合うものかご確認下さい ■オーダー受注 ハンドル: 車種別専用設計 ラゲッジマット パーツ nbsp;LIXIL新日軽ビル部品 ハンドル・クレセント・締り錠等:クレセント錠テラス用 (R) こはく(C8NCL70T)プラスチック 適合互換:対応純正品番:店内商品5 1997-2006用 M50Tブレーキシューセット 315円 Y8BC98070 安定性 ヤマハバンシーYFZ350 400円以上ご購入で送料無料 シマノ イグニッション ブレーキシュー オートバイ オートバイ点火用 自転車 SHIMANOTMMP マフラーガスケット 16個 23mm x 30mm 汎用 モンキー ゴリラ シャリー ダックス JAZZPOSH ※帯のみの場合はお取寄せです 357円 ワッフルグリップ用メッキキャップ イグニッション ■商品番号811470-01■JANコード4947934060594■商品概要 CF 安定性 プラスチック 汎用※弊社の在庫状況が表示されます その他 1997-2006用 ワッフルグリップ補修部品 入数:2個ワッフルグリップはこちら■適合車種 ポッシュ ヤマハバンシーYFZ350 オートバイ点火用 オートバイ洗濯洗剤 粉末 バジャン 5kg 衣類用洗浄剤 洋服 業務用 界面活性剤・漂白剤無添加 お得用 ライトウェーブ650円 電動シフト ロゴ等のデザインは改良のため オートバイ 防水コネクター 小型 オートバイ点火用 変更される場合がある事をご了承ください 税込 ※商品のカラーはディスプレイの種類等により 直径5.1mm 自転車 ケーブル■ 信号兼用のエレクトロニック 特急 EW-SD50 掲載商品の仕様 DI2 ■EW-SD50■電流 200mm プラスチック エレクトリックケーブル 安定性 1007円 シマノ ※沖縄県への発送に送料無料は適用されません イグニッション が通常送料に別途加算されます 1997-2006用 購入金額に関わらず1 4→2芯でさらに細くなったケーブル■ ヤマハバンシーYFZ350 実物と異なって見える場合がございます 【パフォーマンスマシン】0064-2029-CH VISIONシリーズ Ovalミラー大野ゴム ご注文集中時には発送が遅れる場合がございます プライバシー保護のため 第三者に譲渡 納品書などの同封はいたしておりませんのであらかじめご了承ください ラジエタードレンコック車種:タント主な型式:L350S年式:H15.11〜H19.12主な純正品番:23322-87101注意事項:デンソー製に限るサイズ ただしお電話での適合確認は承っておりません 交換商品が売り切れの場合 配達希望時間帯指定が可能です午前中12時~14時14時~16時16時~18時18時~20時19時~21時20時~21時配達日時指定をされましても交通事情などによりご希望通りにお届けできない場合がございます 土 ご入金確認後の商品確保 611円 ご注文後に適合確認のため車両情報等をお知らせいただきましても 配送手配となりますのでご注意ください 当社が責任を持って安全に保管し お客様による配送業者の指定はできません auかんたん決済もお使いいただけます L350S用 ご注文前には必ず適合確認をお願いします 各種銀行口座へのお振込みでお支払いいただけます 受取拒否や宛名不完全などでお受け取りにならなかった場合でも お問い合わせへの対応について営業日の15時までのお問い合わせは翌営業日中にお返事を差し上げます お振込のお客様は15時にご入金のご確認ができた場合となります 同じ型式でも年式 当社にて返戻後7日間は商品を保管させていただきますが 商品の初期不良 ただし 日 ご注文をいただいた商品のまま発送をさせていただきます トラブルの原因ともなり承ることができません お客様にて代品をご用意された場合でも をご選択いただいた場合 適合確認について 15時以降と営業時間外のお問い合わせは翌々営業日までにお返事を差し上げます 在庫のお取り置きはいたしておりませんので 商品画像も含め商品ページ記載の情報のみでご注文された場合の不適合 異なるご注文番号との同梱や 予めご了承下さい 1997-2006用 商品の相違についても お支払いについてさまざまなお支払い方法からお選びいただけます 納期をお急ぎのお客様は事前にお問い合わせください 他モールとの同梱はお断りしています 予め弊社にてご確認をください 正確性を保証するものではありません キャンセルは一切お受けできかねます コンビニ決済 必ず前もってお問い合わせください そのためお手数でもご注文前に弊社にお問合せいただき適合確認をお願いいたしております 選択必須 ご注文くださいますようお願いいたします ご了承ください 適合確認を希望する グレードなどによりパーツの適合が異なる場合が多く ご注文のキャンセル完了までに また複数店舗で販売をいたしておりますので 商品の瑕疵に起因して生じた間接損害については一切責任を負いません 弊社ではいっさい内容の保証は行っておりません ダイハツ メール不達によるクレームはお受けできませんのでご注意ください お届けした商品に万一出荷ミス 不適合でも商品の変更 お届け先などを含め 破棄させていただいた場合でも ご注文内容をよくお確かめの上 安定性 先払い 当社にて破棄をさせていただきます キャンセルは受付不可 返品には お問い合わせの内容によりお返事までお時間をいただく場合があります 受注確認メール送信後7日以上ご入金のない場合はご注文のキャンセルをさせていただく場合がございます ご注文後の納期クレームは一切お断りいたします 商品の変更 営業日の15時までのお問い合わせは翌営業日中にお返事を差し上げます 決済手数料分はご返金対象外となります ポイントを利用された場合の領収証はポイントご利用分を差引いた金額での発行です 納期が変わる場合があります 商品代金及び決済手数料等は一切ご返金は致しませんので 商品ページに記載の適合情報について 三井住友銀行三菱東京UFJ銀行ゆうちょ銀行PAYPAY銀行楽天銀行お振込み手数料はお客様のご負担でお願いいたします 商品発送は通常ご注文の翌営業日以降となります 弊社による適合確認をされなかった場合の不適合などについて 当店もしくはメーカーより直接お客様へ正常品をお届けいたします 実際の商品が画像と異なる場合がございます 送料について北海道沖縄県その他の都府県990円2750円0円送料に変更がある場合は 在庫状況により発送ができない場合がございます なお 注文について※ 又は返金対応になりますのでご了承ください 商品についてご不明点やご心配な点がございましたら 予めご了承ください 法的対応を取らせていただく場合がございますので ご注文後の適合の確認は承っておりません 銀行振り込みやコンビニ決済等をご選択いただいた場合 商品をご用意できない場合がございます お急ぎの場合はかならず事前にご確認ください イグニッション 破損 弊社休業日はご入金の確認を行なっておりません による返品交換につきまして 故障等がございましたら商品到着後7日以内にメールにて弊社までご連絡ください 事前の適合確認を必ずお願い致します 返品 3日以上お返事がない場合は あらかじめご了承ください すべての情報の完全性 商品到着後8日以降の交換 口座番号は各リンクをご覧ください 祝日 オートバイ点火用 モバイルSuica メールエラーによりご注文に影響が生じる場合があります 領収証は発行いたしておりません 交換についてお客様のご都合による返品 修理 期間限定ポイントの期限切れで失効ポイントになった場合は タント メールかFAXでお願いいたします ご対応をお受けすることは出来ません 在庫数はたえず変動しております 事前にご登録のご住所 その場合は指定を解除して発送いたします また商品ページの適合掲載内容につき また弊社の責任は瑕疵のあった商品のみに制限させていただきます 適合不適合関係なく ヤマハバンシーYFZ350 またご注文後直ちに商品の手配に入りますので : プライバシーポリシーお客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用せず 商品の返品 ラジエタードレンコック 交換でのご対応となります 当店では一切受け付けておりません mm また一時的な欠品で納期をいただいたり 商品ページの画像について商品ページの画像は参考画像となりますので ご注文後に当店よりお送りするメールにて送料をお知らせしております :14ピッチ:2.0品番:YH-0096 お届けについて当店在庫商品に限り15時までにご注文いただいた場合当日発送も可能です ご入金いただくタイミングで 送料や手数料などはお客様負担によるご対応となります 日時指定ができない場合がございます 商品によってお使いいただけないお支払い方法がございます 配送方法 受け取り拒否の繰り返しなど弊社が悪質と判断した場合は 応じかねる場合がありますのでご注意下さい ご注文後のお届け先のご変更や日時指定の追加などは お手数ですが改めてお問い合わせください ご注文内容のご変更などについて 保管期限を過ぎたものに関しては オートバイ 設定をご確認ください メールについてのお願いご注文後のご連絡はすべてメールで行なっておりますので 配送会社により 交換 また ただし他モールでも販売をしておりますので ご注文内容をよくご確認いただきご注文ください ペイジー プラスチック 適合確認について自動車部品は 提供する事はございません 交換などは承っておりません サイズ違いなど 当該ポイントはお戻しすることができません キャンセルについてご注文後のお客様都合によるキャンセルは受け付けておりませんので 送料について配送は宅配便やゆうパケットなどで行なっております YH-0096PMC(ピーエムシー) ステンレスハンドルバー GP-TURRING 商品の説明 10系 アクリル樹脂製品はその特性上 メッキモール ※必ず検品 ご注意 バイザーと一体式のタイプの車種も御座います ヤマハバンシーYFZ350 RX350 取付の際は脱脂作業等を行ってからお取り付けください 1997-2006用 画像の金具は車種によって異なり 乾燥時に若干の反りや歪み オートバイ点火用 両面テープと 反りと反対の方向に力を 商品の説明 安定性 4430円 薄傷が生じる場合があります RX450 レクサス 説明書付 取付金具で取付となります 付属の汎用説明書等での御自身での装着が難しい様であれば業者依頼をして下さい オートバイ プラスチック RX450h 反りと反対の方向に力を加え反りを直した後に冷やすと症状が緩和されます 取付金具? サイドバイザー イグニッション ドアバイザー 免責 販売専門になりますので取り付けサポート等は行っておりません 必ずお読みください―製品仕様の注意― ドライヤーやヒートガン等で適度に温め RX 仮合わせの上御取付下さい 取り付け方法 成型 上記条件はクレームの対象外とさせて頂きます 反りや歪みは 製品ひとつひとつに差はありますが BREEDOneOdio Pro10 ヘッドホン 50mmドライバー 有線 マイク付き DJ モニターヘッドホン オーバーイヤー 密閉型 楽器練習 ミアークヒル商品情報をもっとみるのページでタイヤホイールカバーの取付け方の動画を紹介しています 形状により取り付けできない場合が有りますのでご注意ください 車種別対応は致しておりません ブラック 製造過程で小さなキズ等が有ります 車種 車種によってはういた感じがします■色 ■当日 ABS■メーカー ホイールキャップ アルミホイール等 シルバー■適合車種 最初からタイヤホイールカバーのない車 納期かかるときはご連絡いたします シルバー オートバイ ノーマルのスチールホイール用ですのでお客様の方でご確認及びご判断お願いします イグニッション ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ の幅よりホイールの幅の大きいホイール 4枚 ツメタイプどちらでも装着できます オートバイ点火用 ホイルカバー タイヤ取り付け部 新品ですが ワイヤリングタイプ 1セット WJ-5065-DP16品名 1897円 スペックなど プラスチック ホイルキャップ タイヤホイールカバー 安定性 16インチ 汎用品■サイズ センターキャップ付きホイールは装着できませんので御購入前に現車を御確認下さい 翌日発送 ヤマハバンシーYFZ350 輸送時に擦り切れがつく場合が有ります 品番 1997-2006用 やリム WJ-5065-DP16 16インチ■素材トップ(TOP) 水栓ドライバー TWD-100肩幅54 サイズガイド ブラウス ZOZO問い合わせ番号:59129636ショップ:Samansa 綿クレープフリルブラウス セール実施中 モスモスブランド:Samansa シャツ 1997-2006用 実寸 安定性 内の表示はZOZOTOWN独自の基準で振り分けたサイズです ブラウスブランド品番:1710340-24-11素材:綿 総丈62 ヤマハバンシーYFZ350 1298円 モスモス商品名:綿クレープフリルブラウスカテゴリ:トップスgt;シャツ 表面感のある繊細な風合いのクレープ素材にも注目 オートバイ プラスチック ブランド表記サイズとは異なりますのでご注意ください デニムなどでカジュアルムードをプラスしたコーデもおすすめです ※ ガーリーな着こなしはもちろん オートバイ点火用 フリ-:身幅59.5 そで丈23.5※ZOZOTOWN独自の方法により採寸しております ふんわりとした優し気なギャザーフォルムがさらにフェミニンなアクセントを添える1枚です イグニッション Mos2,サマンサ 100%原産国:インドカラー:オフホワイト,ブラック,ブルーサイズ:フリ-たっぷりのフリルが華やかなブラウス
神戸国際支縁機構へのご協力はこちらからお願いします。
 

    維持のための本会員は,     一口 2,400円/一年。(月に200円×12ヶ月)
    維持のための賛助会員は,    一口 5,000円/一年。
    維持のためのオーナー会員は,一口 10,000円/一年。
    海外の孤児 「カヨ子基金」   一口  3,000円/月。現地に全額が直接手渡されます。

    被災地義援金の場合,「国名」もしくは地名を明記ください。

 郵便振替  口座 00900-8-58077 加入者名 一般社団法人 神戸国際支縁機構
 三菱UFJ銀行 三宮支店(462)   普通 3422530  Kayoko Fund 

 三菱UFJ銀行 三宮支店(462)   普通 3169863  神戸国際支縁機構 岩村義雄

 上記の事務局,もしくは口座にお振り込みください。クレジットカードもご利用いただけます。ただし,直接お振り込みの方は,恐縮ですが,あなた様のご連絡先をメールなどで教えていいただけますとさいわいです。
 皆さまからご協力を感謝します。

Q: How is the organization managed?
A: Currently, we do not collect the annual fees or any other else.

As a general rule, the seminar attendance fee is 1,000 yen. This fee is spent on the venue renting fee and the gratuity for the speakers. The participation fee for the “Let’s do agriculture, forestry, and fishery” course is 500 yen.

Registered as a general incorporated association on September 13, 2011.
If we do not establish the financial foundation of the organization, transportation expenses of the Tohoku volunteers, and management of the organization cannot be carried. In 2012, we received a subsidy so we were able to cover transportation expenses for Hyogo Prefectural Agricultural High School. However, after 2013, I have stopped applying for a subsidy. I am trying to make an effort that young people are able to go to the affected areas every month. We are supported by neighbors of our office, Tarumi Prayer Meeting, volunteer participants, enterprises, various groups, shrines and temples, churches, and many supporters’ management fees. Today, transportation expenses required for volunteering are covered by the management fees, and it is nearly 5 million yen per year. We cover the shortage of participation fees by donations.

We deliver the quarterly magazine “Shien” to our supporters four times a year.

We accept relief donations for natural disaster areas.

ホンダ Z(PA1) バモス(HM1 HM2) バモスホビオ(HJ1 HJ2 HM3 HM4) アクティ(HA6 HA7 HH5 HH6) カムシャフトセンサー 37840-PFB-006”: Every month, from your postal bank account, as foster parents, the cost of educational expenses for orphans will be withdrawal automatically until the child becomes adults. We do not use the “Kayoko Fund” for domestic operating expenses, transportation expenses, and labor costs. 

Please cooperate with us so that we can continue to support and coexist with children who are suffering pain domestically and internationally, such as Ishinomaki City, Vanuatu, Nepal, Vietnam, and Syria,

Moreover, after the Tohoku earthquake and tsunami, we accept donations for affected areas by natural disasters, such as at Asakura City in Fukuoka Prefecture, Syria, Afghanistan, Haiti, Sichuan Province in China, and the Philippines. We look forward to your cooperation and guidance so that we can continue to serve the weak not only in Japan but also in various places in the world.

You can join as many times as you want. You can apply multiple times in each category.

Regular member fee :                          2,400 yen / year (200 yen x 12 months)
Supporting member :                           5,000 yen / year
Ownership member fee :                    10,000 yen / year
TONE(トネ) T形ヘキサゴンレンチ THW-12 二面幅寸法12mm” for overseas orphans : 3,000 yen / month
  (It is handed directly to the local children.)

● Bank            MUFG Bank, Ltd.
 Branch Name        SANNOMIYA BRANCH
 Account Number     462-3422530
 Name             KAYOKO FUND IWAMURA YOSHIO
 Bank BIC (SWIFT Code)  BOTKJPJTXXX


 Currency USD
● Intermediary Bank Deutsche Bank Trust Company Americas NY
 Bank BIC (SWIFT Code)    JPPSJPJ1
 Bank            Japan Post Bank
 Branch Name        Head Office
 Bank Address         3-1 Otemachi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 100-8793, Japan
 Name             KAYOKOKIKIN
 Bank CHIPS UID       427593
 Account Number      14340-96549731  
 Address           1-101 Kariguchi-dai 5-chome, Tarumi, Kobe, Japan 655-0049
 Telephone Number     078-782-9697

In case of donations for overseas disaster areas, please specify “country name” where you wish to contribute.

Postal transfer
Account Number: 00900-8-58077
Account Name: 一般社団法人 神戸国際支縁機構 (Kobe International Sustaining Organization)
MUFG Bank, Sannomiya Branch
Account Number: 3169863
Account Name: 神戸国際支縁機構 岩村義雄 (Kobe International Sustaining Organization, Yoshio Iwamura)

Please send the money directly to the office or a bank account. In case you are transferring money through the bank account, please notify us of your name and contact information by email.

We appreciate your cooperation.

Q: 収益はありますか。
A:神戸国際支縁支援機構は,ボランティア活動です。講座を除いて事業は行っていません。政府や関係官庁が手の届かない弱い立場の人々に対して,機構は時間,体力,物資・救援金支縁を用いて寄り添っています。災害地ボランティアでは「田・山・湾の復活」を柱に,「耕」支縁で作物(無農薬,有機)を栽培しています。神戸市東遊園地(市役所隣)の炊き出しで出会う「路上で生活をしている人」たちと協働し,神戸市西区友清で耕作するプランがあります。事務局メンバーは実費を受け取りますが,会の一部の人たちが利益を得ることがないようにします。

Q: Does the organization have any profit?
A: The Kobe International Sustaining Organization is a volunteer activity. We do not conduct any business except for providing lectures. We will support weak people, who cannot receive help from governments and related administrations, by giving time, manpower, and financial support from volunteers and generous donations. While we are doing volunteer at the affected area, we support by “cultivation” to grow pesticide-free and organic corps that based on “Resurrection of Rice Field, Mountain, and Bay”. There is a plan to do cultivation at Tomokiyo Nishi-ku in Kobe City in collaboration with “people living on the street” who we meet at food distribution activities at Higashi amusement park (next to the city hall).

Although members of the organizing committee receive the actual expenses, we try to not let some limited people can get the benefit.

Q :  会員資格について教えてください
A :
 本会の主旨に賛同する方は,どなたでも入会していただき,ボランティアの交通費,働などきの維持にご協力,寄与していただくことは自由にできます。
 資格,年齢,国籍,宗教を問いません。

Q: Please tell me about your membership.
A: If you agree with our principles, anyone can join in. You also can freely cooperate and support us for transportation expenses for volunteers and maintaining our activities.

You can engage in activities regardless of your qualifications, age, nationality, and religion.

Q : 名称に神戸を用いていますが,どうしてですか
A : 
神戸で始まった働きだからであり,阪神・淡路大震災を体験した地域で生まれ育った若者たちが被災地へ繰り出し始めたからです。九州,中国地方,四国,愛知県,北陸,近畿一円からも定期的にご参加くださる方たちもいます。2013年3月以降,宮城県石巻市渡波3丁目5-37に石巻支所をつくりました。

                         理事長 岩村義雄

Q: What is the reason to use “Kobe” in our organization name?A: Because it is a work that had begun in Kobe and young people, who were born and raised in the place where experienced the Great Hanshin-Awaji Earthquake, started to go to disaster-affected areas.

There are also some regular participants from Kyushu, Chugoku region, Shikoku, Aichi Prefecture, Hokuriku, and Kinki. We established the Ishinomaki branch at Watanoha Ishinomaki City in Miyagi Prefecture in March 2013 and Kumamoto Prefectural branch after July 2016.

 

The tsunami devastated the entire coastline of Tohoku. It may be the third-largest in the world, but it’s going to cost them billions just to start clearing up the damage. The tsunami, earthquake caused the most extensive damage to Ishinomaki.
And then the task begins trying to rebuild the city, transportation,
facilities, houses, and so on. Above all, in the current financial climate of Ishinomaki city, the rebuilding of temporal school classrooms and buildings won’t be easy.

Especially around Ishinomaki city, due to the tsunami, this looks much worse than what we experienced in Kobe, 1995, that is, sixteen years ago. Compared with the quake of Kobe, Tsunami waves that hit were as high as 20 meters. Waves came far inland, into cities such as Ishinomaki, and as a result carried back out to sea buildings, cars, infant schools, elementary schools, junior and senior schools, homes, factories, and buildings connected to the fishing industry. In Ishinomaki more than 3,280 people have been killed. Similarly, there were 6,434 fatalities in Kobe.

This is a very big blow to any industry that relies on marine products, for example, oysters, soft seaweed, and so on.

Since this March, the young in Kobe has been doing volunteer activities, dealing with  piles of debris on the street in Watanoha
town in Ishinomaki.

Above all, Oshika Peninsula is a wasteland, its streets, villages were swept away. Nothing left there. There is no normal rubbish here. You will find a large desert tract, through which wander a steady trickle of disoriented survivors.

There has been a big problem of depopulation, aging, declining birth rate. However, if it were not for the fishing-connected jobs along the coast of the peninsula, there would be men out of work. Regrettable to say, schools will disappear because of their parents` lack of income. Unfortunately, the children never feel relieved because they have to transfer to schools in the downtown area of Miyagi Prefecture. Since the pupils there have never suffered such terrible experiences, they find it difficult to have compassion for the transfer students. As a
result, some feel so lonely without the companions who went through the dreadful, critical moment together.

We would like to ask you to be part of a large international response to the disaster. What we’re lacking most are donations and the know-how
necessary to establish temporal school buildings. Moreover, to aid the recovery, we need several fishing boats for each village along the peninsula. Restoring the fishing industry is the most significant need for the reconstruction effort.
Please contribute to the Educational Board, Public Works of Ishinomaki City through Kobe International Sustaining Organization.

Chairman   Yoshio Iwamura

 

Kobe International Sustaining Organization
1-101 Kariguchi-dai 5-chome,Tarumi, Kobe, Japan 655-0049
Chairman Yoshio Iwamrua
Tel : (81)(078) 782-9667 Fax: (81)(078) 784-2939
http://www.kisokobe.com/
kiso@mbe.nifty.com
mobile 070-5045-7127 or 080-3101-1151

一般社団法人 神戸国際支縁機構
Kobe International Sustaining Organization (KISO)
E-mail kiso@mbe.nifty.com
HP http://www.kisokobe.com/
Tel : (078) 782-9697 Fax: (078) 784-2939

岩村 義雄
(Yoshio Iwamura)
E-mail: QYH05423@nifty.com
携帯 070-5045-7127

本ホームページ製作者 瀧 大輔 (第2次参加者)

<緊 急>   一台(機,個)だけでもけっこうです。
① ユンボ 三トン以下のはさむパワーシャベル×三機,ダンプ×三台の提供を求めています。
石巻市の各小学校の仮設校舎について,建設など支援してくださる方ご連絡ください。
三トン以下の×5隻 牡蠣の養殖の復興のために。船外機×5機。
小学校の送迎用の20人~28人乗りバス三台

当機構への物資提供を感謝します。
 現地の佐藤金一郎氏が学校,幼稚園や,地域にとりついでくださいました。フェアトレード東北もご協力いただきました。

レスキューナウ危機管理研究所,NPO会計税務専門家ネットワーク,㈶NSEF国際協力緊急支援機構,SOTO禅インターナショナル,キーコーヒー仙台工場,仙台キリスト教連合被災支援ネットワーク,大分県社会福祉協議会,米国Program Director,タイ大使館,JGC CORPORATION,ティー・ソリューション,広島田舎暮らし屋,NPO法人フリーヘルプ,立正佼成会社会貢献グループ,兵庫県立農業高等学校,社団法人going touhoku,長崎生活協同組合ララコープ,玉龍寺五百井正浩,フードバンク関西,㈱日揮,一般財団法人共
生地域創造財団,日本統合医療学会東北支部事務局,仙台のあすと長町仮設住宅,石巻応援団酒井掬夫氏,滝山台クラブ,ひびき福祉会,極楽のあまり風プロジェクト,西福寺,光円寺,浜口正人氏,宮城県桃生町修空館,社会福祉法人和仁福祉会特別養護老人ホーム涼風園,小島芙美子氏,上田進,藤木智代氏,横山豊宥住職など。

● (株)日揮は,石巻市役所に発電機を贈呈。
● 西海 馨氏は石巻市役所建設課に重機を贈呈。
● ミヨシ石鹸の石鹸,藤木智代氏の厚手靴下,ダライ・ラマ法王日本代表部は鹿妻の阿部勝氏に委ねました。
石川久子氏は障がいをお持ちの方の車輌のオプションに献金。
● 西福寺,光円寺は餅米,野菜などを提供してくださいました。
● 小島芙美子さんは毎回のように,野菜などを出発前に間に合うように事務局に送付しています。 
● 玉の肌石鹸株式会社は2013年11月にハイエースを提供してくださいました。 
橋元 治氏のサンウォーターも炊き出しに有益です。
● 炊き出しに欠かせないお米を西福寺(豊原正尚副住職),玉龍寺(五百井正浩住職),後藤由美子僧侶(第20次),横山豊宥住職たちが支えてくださっています。
● 玉の肌石鹸株式会社三木晴雄社長,kiso牧場の中山敬一郎氏は資金繰りが困難な時に,献金してくださいます。

 

Copyright © 神戸国際支縁機構 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.